新型コロナ後の相場は上がっているものの第2波に備えて少しずつ利益確定

新型コロナ第2波をイメージした2
浦上

こんにちは。企業の研究職として働きつつ、投資10年で800万円を稼ぎだした浦上といいます。

投資を始めたころの話や、投資以外ではドイツで博士号を取ったときの話など、プロフィールはコチラでまとめてます。

 

日本は緊急事態宣言が解除されましたね。

お店も営業できるようになり、人の外出も増え、消費も上向くでしょう。

それにつれて日経平均株価も上昇中です。

ただ問題は今後も株価は上がり続けるかですね。

 

上がり続ける可能性もあります。

ただ、再び暴落する可能性も十分あると思っています。

ですので、私は利益確定を少しずつ進めていくことにしました。

この記事では、再び株価が下がる可能性について説明します。

それに加えて、どのように利益確定を進めていくかについても書きたいと思います。

 

1.相場は上昇中

5/25に緊急事態宣言が解除されてから日経平均株価は上昇し続けています。

アメリカでも経済が段階的に再開されて、NYダウ平均株価もじわじわ上がっているところです。

日米それぞれの株価指数について、この間の動きを見てみましょう。

 

1-1.日経平均

緊急事態宣言解除前の5/22の日経平均は20388円でした。

それから1週間後の5/29の株価は21887円

1週間で1500円の上昇です。

緊急事態宣言が解除されたことを市場は好感しています。

 

1-2.NYダウ

アメリカでは5/20に50州すべてで店舗の営業制限が緩和されました。

その5/20のNYダウは24575ドル。

約10日後の5/29には25383ドルまで上がっています。

10日間で800ドル程度なので日本ほどではないものの上昇傾向にはあります。

 

つまり、日本もアメリカも経済が再開したことで株価は上がっているわけです。

ただ、経済の再開 = 経済の回復」と言いきれるのか?

その点について疑問が残るので、次の章で細かく見ていきます。

 

2.今後の相場へのプラス要因とマイナス要因

もちろん経済活動を再開した方が企業の売上などにはプラスです。

ただ、みなさんもご存じの通り、経済活動の再開は新型コロナのリスクを上げます。

そして、新型コロナがまた広がれば経済にも相場にもマイナスになります。

 

こんな状況の中で、相場に対するプラス要因とマイナス要因を考えたいと思います。

 

2-1.プラス要因

経済活動の再開は相場にはプラス要因です。

 

それ以外にも日銀を始めとした各国中央銀行の政策があります。

中央銀行の政策が株価にどう影響するかについては以前の記事にまとめています。
↓↓↓
新型コロナ相場はさらに上がっため国内株の利益確定を続行。外国株も再び様子見。

この記事で書いたことは、日銀で言えば、

  1. ETFの購入
  2. 国債の買入

が株価を上げる効果がある政策になるということです。

 

そして、各国の中央銀行も同様に国債の買入を行っています。

国債が大量に買われると金利が下がります。

そうなると機関投資家などは低い金利でお金が借りられ、株を買う資金が作れます。

 

日銀も機関投資家も株を買うので株価が上がるということになります。

形としては、株を買うためのお金を中央銀行がジャブジャブ貸し出している格好です。

株価が急激に下がると、その恐怖で株が売られ株価がさらに下がる悪循環が始まることも考えられます。

中央銀行はこの悪循環を事前に食い止めていると見ることもできます。

 

一方のマイナス要因はもちろん新型コロナの見通しです。

 

2-2.マイナス要因は新型コロナ第2波

新型コロナの見通しが悪くなればマイナス要因になりますね。

重要なのは以下の2点です。

  1. 第2波は来るのか
  2. ワクチンまたは治療薬はいつできるのか

 

2-2-1.第2波は来るのか

第2波については来ると思っておいた方がいいでしょう。

日本政府も第2波は来るという想定をしています。

専門家がそういう進言をしているからだと思います。

その根拠は以前のパンデミックで第2波・第3波が来ているからでしょうね。

私の言っているパンデミックとはおよそ100年前のスペイン風邪のことです。

 

スペイン風邪とは今で言うインフルエンザです。

まず1918年の3月に第1波が来ました。

そして、同じ年の1918年秋に第2波、次の年の1919年に第3波が来ています。

 

未来予測」をするには過去に学ぶというのが一つの方法です。

歴史に学ぶという言い方もできます。

そこから考えれば「今年の秋ごろに第2波が来る」と予測しておくべきでしょう。

 

そういえばスペイン風邪については私は以前の記事でも書いていました。
↓↓↓
https://uragami5.com/2020/04/19/hypothesisfuture/#i-5

過去に学んで新型コロナ相場は「買い」と判断したわけでした。

そのときは第2波については記事に書いていませんので、今思えば大雑把なところがありますね(^^;

それでも、みんなが大慌てで売って暴落している最中に「買い」の判断をしています。

それで今の利益を得ているので、この未来予測は正しかったと言っていいでしょう。

 

余談なので読み飛ばしてもらっても構いませんが、浦上の本業の研究の世界では過去に学ぶということは基礎中の基礎です。新しい研究を学会で発表するにも、学術論文を投稿するにも、必ず序文で過去の研究の話をしなくてはいけません。それによって自分の研究の新しさも説明できます。過去の研究を学んでいないと、誰かが既にやったことをもう一回何年もかけて研究してしまう可能性も出てきます。だから研究者にとっては過去に学ぶことは当たり前のことなんです。

 

そして今回は同じ「未来予測」を、もう少し細かくやろうとしているわけです。

もっと言うと第2波は再び「買う」チャンスになります。

その時になるべく多くの現金を持っていれば、たくさん安い値段で買い入れることができます。

そういう理由で今は利益確定を進めて現金を増やしています。

 

ただ、第2波の心配がなくなる可能性もあることはあります。

そこに関係するのが2.の「ワクチンまたは治療薬はいつできるのか」です。

 

2-2-2.ワクチンまたは特効薬はいつできるのか

ワクチンの話をする前に前述のスペイン風邪はどう収まったかを書きます。

ワクチンが開発されたから収まったわけではありません。

集団免疫ができたからです。

大勢の人(少なくとも1700万人と推定)が亡くなる一方、生き残った人たちには免疫つまり抗体ができました。

この集団免疫ができることがパンデミックが本当に収まった状況です。

 

当時は移動の自粛などのパンデミック対策があまり行われなかったんです。

それで世界中に広まり、1700万人もの死者を出す事態になりました。

世界中の人が無防備に感染する一方、生き残った人は免疫ができます。

免疫のついた人は基本的にもう感染する心配はありません。

 

免疫を持っている人が多数派である状況を集団免疫ができると言います。

これも収束の形ではあるんですが、1700万人の犠牲が必要でした。

だから、犠牲者を増やさないよう各国政府は感染者をなるべく減らす方針です。

そうなると集団免疫はなかなか出来ないことにもなります。

そういう理由でも第2派は来ると思っておいた方がいいと考えています。

免疫を持っていない人はまだまだたくさんいますので。

 

そこで、ワクチンの話ですね。

ワクチンとは免疫を作る薬のことです。

もっと言うと、安全に新型コロナに感染させて免疫を身体に作らせる薬です。

 

例えばBCGは結核のワクチンですが、ものすごく簡単に言うとウシの結核菌を使って無毒化した結核菌のことです。

だからBCG接種でヒトは無毒の菌に感染します。

その無毒の菌に対する免疫が身体にできると、有毒の結核菌の免疫にもなるという仕組です。

 

このワクチンを新型コロナ用に作ろうとしているわけです。

肝心なことはワクチンが開発されれば、ワクチンを打つことで集団免疫が作れるということです。

だからワクチンができれば収束します。

株価には影響しなくなります。

 

また治療薬ができても収束に大きく近づきます。

インフルエンザならリレンザとかタミフルとかありますよね。

新型コロナが病院に行って薬もらえば治る病気なら問題ありません。

インフルエンザが流行ってるから、お出かけを中止しようとは誰も思いませんよね。

株価にも影響しません。

 

つまり、ワクチンか有効な治療薬ができたら「買い」と判断します。

そうなったら株価は上がるので、割高で買うことにはなるでしょう。

利益は少なめでも買うということです。

 

以上でだいたい書いてしまいましたが、次の章で投資方針のまとめを書きます。

 

3.第2波を想定して利益確定

第2波を想定しての利益確定は実はもう進めています。

だいたい100万円くらい売ってしまいました(笑)

もう少しゆっくり秋までに売っていくつもりだったんですが、注文が約定してしまったんで仕方ありません(^^;

そうして現金の割合を増やしている段階です。

 

新型コロナの最初の記事に書いたことですが、新型コロナショックで「買う」ために

  • ポートフォリオの債券5%分を売って株式を買う
  • 総資産に対する現金5%分を投資に回す

という2つの方法を取ってきました。

 

この2つを元に戻そうとしています。

まずは現金の割合を増やしているところです。

株式の中でもリスクの高い個別の企業株を売っています。

持っている株式は値上がりしていたので、債券の割合が上がってまでは来ていません。

個別企業株の値上がり分を現金化しているような感じです。

 

債券を買って割合を戻すことまではしないだろうと思います。

まずは現金5%分の利益確定を進めます。

第2波を想定しての利益確定だからです。

第2波が来たときに、また債券を売るんでは二度手間ですからね。

 

以上のように秋までに現金を増やし、第2波が来たら買うというプランです。

利益確定には第2波が来たときの損失を減らす効果もあります。

 

そして、ワクチンか治療薬が完成するようなら、もう新型コロナで相場が下がることはないと見て「買う」予定でいます。

ワクチン開発時期の予測は専門家でも難しそうなので、この「未来予測」まではしない方針です。

もちろん専門家の予測をチェックすることは続けますけどね。

 

ちなみに浦上がオススメしているインデックス投資なら「未来予測」などせずほったらかしで十分利益が出ます。

こんな風にいろいろと調べる必要もないです。

だから、特に初心者にはインデックス投資をオススメしています

インデックス投資については以下の記事を参考にしてください。
↓↓↓
投資初心者にオススメできる安全で確実な投資法はたった1つしかありません

 

未来予測」についても記事を書いています。

新型コロナショックに投資することに決めたのは、この未来予測力を鍛えるためでもあります。

実際に「未来予測」するために、新型コロナに関する「仮説」を立てて株式投資を行っています。

実践の場で力をつけようとしているわけです。

未来を予測する力がつけばつくほど、株で利益を上げるのは簡単になりますからね。

インデックス投資以上のリターンが狙えることになります。

同じように「未来予測」に興味があれば以下の記事を参考にしてみてください。

↓↓↓
投資で稼ぐには「仮説」を立て「未来を予測」すればよい。問題は学ぶ方法

 

 

2020年9月からTwitter始めました。

よかったらフォローお願いします。
↓↓↓

 

人気ブログランキング参加中!

ランキング確認はコチラから出来ます。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ  

浦上の記事への質問・感想などあれば、

下の「コメントを残す」に

お気軽にコメントを送ってくださいね。

初心者の方の場合ご存じないかもしれませんが、投資判断は自己責任で行うものです。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても管理人は責任を負えません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です