【第1章】中学生が200万円でマジメに勉強して早稲田・慶応に合格した話

受け取ったお金を数える少年
浦上

こんにちは。企業の研究職として働きつつ、投資10年で800万円を稼ぎだした浦上といいます。

投資で利益を出し始めたころの話や、投資以外でもドイツで博士号を取ったときの話などのプロフィールをまとめて紹介しています。

 

では第1章から楽しんでお読みください。

1.200万円の使い道

「なんと! 親は200万も払ってるぞ・・」

中学2年生の3学期、

入試までちょうど一年くらいの頃。

ふと思いついて、親が今まで私の塾にどのくらい払ってきたか計算してみたんです。

 

中学から通い始めた塾が2年分。

小学4~6年で行っていた塾が3年分。

それぞれ授業料はだいたい知ってました。

 

それで、出てきた額が200万円。。。

中学生からすると大金です。

「これは何とかしないと。。。」

そう思いました。

 

2.超難関高に合格するための塾

当時通っていた塾は難関高校に合格するための塾でした。

日本トップレベルの東大合格率を誇る開成

受験なしで大学まで進める早稲田慶応

そんな超難関高校に毎年たくさんの合格者を出していました。

親もそういう偏差値70以上の難関高に子供を入学させたいと思ってたんでしょう。

でも、入試まであと1年。

そんな難しい高校に合格するなんてできるわけない。。。

 

そもそも塾なんて行きたくなかったんです。

でも中学に入ってすぐ塾に入れられ、

放課後、電車にゆられること1時間、

塾に着いたら授業が3時間、

帰りも1時間、しかも電車は超満員、

家に帰りつくのは夜の10時過ぎです。

中学生がそこまでしてるのに、テストの点が低ければ「もっと勉強しろ!」と怒られる。

 

勉強しろ勉強しろと言われ続けられても、やる気なんて出てくるもんじゃありません。

だから親に塾から連絡が行かない程度に遅れて行っていました。

そうすることで、なるべく嫌な時間を減らし、この期間をどうにかごまかそうとしてたんです。

 

ただ中学2年になったあたりから、親がなぜかガミガミ言わなくなったんです。

「ついにあきらめたのかな?」と思いましたが、塾をやめろとまでは言いません。

あきらめたなら、やめさせて出費を抑えた方がいいですからね。

 

そんなことを考えているとき、冒頭の

そういや両親は今まで俺の塾に全部でいくら払ったんだろ?

という疑問が出てきたわけです。

 

3.偏差値70以上の高校の合格法

それにしても200万

私がどこにも受からなかったら、お金をただドブに捨てることになります。

「いくら口うるさい両親でも、それじゃかわいそすぎやしないか…?」

そんな風に思いました。

 

そこから「どうしようか?」と考えて、、、

じゃ俺が有名な高校に受かればいいのか

という結論になりました。

そうは言っても、たいして勉強してこなかった中学生が超難関高に合格するのは簡単なことではありません。

 

その塾は、毎月のテストの点数で成績順にA、B、C・・・と生徒をクラス分けしていました。

各クラスの合格できるとされていた高校は、

  • Aクラス: 開成・灘
  • Bクラス: 早稲田・慶応

Cクラス以下はあまり聞いたことがない高校でした(だから今となってはどこに受かると言ってたのか覚えてない^^;)。

つまり、有名校に受かるには最低でもBクラス以上にいる必要があります。

その時私はCクラスとDクラスを行ったり来たりする状態。

Bクラスに上がる条件は毎月のテストでの高得点です。

 

科目は国語、英語、数学の3科目。

それぞれの科目の成績は、

当時の浦上の学力
  • 国語:それなりに点数が取れる。
    偏差値60
  • 英語:知っている単語が少なく長文が読めない。わからない文法もある。
    偏差値50~55
  • 数学:一番苦手。簡単な問題しか解けない。
    偏差値40~50

これじゃ難関校には受かりません。。。

少なくともすべて偏差値70くらいが必要。

そこで偏差値を上げるための対策をそれぞれ考えました。

対策
  • 国語:一番得意なので勉強しない。ほかの2教科に時間を使う。
  • 英語:1つでも多く単語を覚える。覚えただけ長文も読め、自然に点数も上がるはず。文法はわからないものだけ勉強。
  • 数学:一番苦手で一番勉強するべき。まずわからない問題を把握し、そのうち一番簡単なものから勉強。だんだん難しい問題を解けるようにする。

その塾の授業は少し変わっていました。

授業の最初に10ページくらいのペラッとしたテキストを渡されます。

その回はその1冊を学ぶだけ。

分厚い参考書とかはありません。

 

先ほどの対策を進めるため、このテキストを使いました。

自分の部屋の押入れにテキスト2年分が山積みになっていました。

これを引っ張り出し、1冊1冊パラパラ中身をチェックしました。

そして、このテキストは「わかる」し解ける、このテキストは「わからない」と仕分けしたんです。

その結果、今「わかる」テキストと「わからない」テキストの2種類に分かれました。

「わからない」テキストは100冊くらいあったかと思います。

そして、その「わからない」テキストを1冊1冊勉強していくことにしました。

ペンと本で勉強している人

それから半年・・・私はAクラスに上がっていました。

勉強を始めて2ヶ月くらいまで点数に変化なし。

ただ3ヶ月目のテストあたりから、じわりと成績が上がってきました。

 

そして、成績が上がり始めると、
→ テストのランキングに名前が載る
→ 塾の先生にもホメられる
→ うれしくてまた勉強する
→ また点数が上がる
という好循環

残りの半年も同じ作業を続けました。

もう受験勉強は終わりにしたかったので、受験なしで大学まで行ける早稲田と慶応を受験。

 

両方合格してしまいました。

そして、家から近い方の慶応に入学しました。

付属高校なのでもう大学に入れることはほぼ決まり(正確には99%慶応大学に進学)。

余程のことがない限り大学に進めます。

だから、高校の時はあまり勉強する気にならなかったです笑。

やっていたのは部活とアルバイトくらい。

今思うとのんびりやりたいことやってました。

 

4.高校生時代に研究者を目指す

全く話は変わりますが、その頃ある小説家の本が好きでよく読んでいました。

寝る前に少しだけと思ってベッドで読み始めて、気がついたら朝ということも笑

その作家は出版社からお金を出してもらって南の島でのんびりを書いていました(本当にのんびりやってたかは知りません笑)。

そして、書いた小説もヒットしていました

そんな生活に私は憧れました。

組織にしばられず自分の力だけで、じっくりと自由に仕事をし、結果も大成功。

 

サラリーマン生活とは完全に逆です。

朝早くから満員電車でもみくちゃにされ、

ヘトヘトで会社に行き、

上司とかお客さんに気を使い、

夜遅くまで働いて、

また満員電車で帰って来て、

家でご飯食べて風呂入ったらもう寝る時間。

そんな生活は嫌でした

 

俺も南の島でのんびり仕事がしたいなー

なんて思っていました笑。

南の島でのんびり本を読む

一方で、自分も父親のようにサラリーマンになるのだろうとも思ってました。

小説なんてとうてい書けないですしね。

スポーツにせよ芸術や芸能にせよ、

そんな才能は自分には全くありません^^;

才能がある人だけが自由に仕事できるものなのか。。

 

ただそこで、ふと思い付いたのが、

「何でもいいから学生のうちに何かスキルを身につければいいんじゃないのか」

ということでした。

大ヒット小説を書くスキルはムリですが。

何かスキルがあればサラリーマンでもある程度自由に働けるんじゃないかと。

 

その高校では大学に進学する時に学部を選べました。

そして、学部ごとに定員があります。

経済学部でも医学部でも成績上位順に希望の学部に行けるシステムです。

それまではなるべく偏差値の高い文系の学部に行こう、とか思ってました(文系の方が授業がラクだと聞いてたからです笑)。

 

文系のスキルとなら弁護士とか公認会計士とかはあります。

ただ、あまり自由なイメージもありません。

資格を取るための試験勉強をもう一度するのも気が乗りません。

 

そこで一気に方向転換して、

理系の学部に行って研究者になろう!

と決めてしまいました。

研究の実験用ガラス器具

企業の研究職を目指そうと思ったんです。

そして、ヒット商品の開発特許の取得ができるようなスキルを身につける。

そうすればサラリーマンでも自由に働けるはずだ!

そう思ったんです。

 

それで、大学院まで進学しました

大学時代は授業以外にも夜中までかかって週2回レポートを書く生活。

大学4年と大学院時代の計3年間は研究室に1日10時間以上こもって研究。

あまり自由とは言えない6年間でした。

 

それでも大学院で修士号を取得。

そして無事、一部上場企業で研究の職を得ることができました

 

続きを読みたい方はコチラから。

 

 

2020年9月からTwitter始めました。

よかったらフォローお願いします。
↓↓↓

 

人気ブログランキング参加中!

ランキング確認はコチラから出来ます。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ  

浦上の記事への質問・感想などあれば、

下の「コメントを残す」に

お気軽にコメントを送ってくださいね。

初心者の方の場合ご存じないかもしれませんが、投資判断は自己責任で行うものです。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても管理人は責任を負えません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です